第22回未来予想図

平成30年6月8日

「アートを支える仕事とは」 5年1組

河内 卓也先生(25回 株式会社カワチ 代表取締役社長)
34800550_1860534110674331_3566278321312366592_n.jpg河内 卓也先生
 画材店とはどういったものを販売しているのか、またお店を運営するにあたってどのような工夫をすれば物が売れるのかといった内容をお話しいただきました。ネット販売が主流になってきた時代に、店頭販売でしかできない工夫について、実際店頭に置いている商品を見せていただき、お客様を引き付けるアイディアを教えていただきました。普段あまり入ることない画材店について学ぶことができたため、今回教えていただいた様々な工夫に目を向けて画材店に入ってみると、新たな世界が広がり心躍る空間になるのでないかと思います。お話だけではなく、仁川学院小学校を宣伝するためにPOP(ポップ)をグループで作成しました。子ども達の思う仁川学院の良いところを意見として出し合い、とても楽しそうに活動をしていました。

「お寺の仕事~プロジェクト7分の2~」 5年2組                    

杉本 成範先生(29回 高野山真言宗深山飯盛寺 副住職)
IMG_0403.JPG杉本 成範先生
 5時間目は、お寺のお仕事はどんなものかをお話しくださいました。我々の知っているお経をあげたりお葬式をしたりといったものから、雪かき、草刈、滝の掃除や勉強会といったお仕事の裏側までお話しいただき、皆興味津々で話を聞くことができました。授業の後半ではお経を読んでいただいたり、普段お寺で使う鐘や鈴を使わせていただいたりと、めったに経験できないこと満載の一時間でした。
 6時間目は、「7分の2」というキーワードから、お寺の現状をお話しいただきました。「日本全国に7万7千ものお寺がある」「そのうち2万のお寺には住職がいない」という衝撃的な話から、お寺の良さを皆に知ってもらえる取り組みを考えているということを聞きました。そこから「みんなにもアイディアを考えてほしい」と子ども達に意見を求められ、班でポストイットと模造紙を使って、「どうすればお寺を盛り上げることができるか」の話し合い活動を行いました。時間にして10分程度でしたが、「仏像ぴかぴか大作戦」「お寺運動家」「一日住職体験」など面白い意見が出て大盛り上がりでした。最後は先生が考えたお寺を盛り上げる取り組みの話を聞いてあっという間の一時間が終わりました。
 先生が最後に教えてくださった「人は足りないからころ助け合える。足りないことをバカにしないで」という言葉は、班活動、グループ活動を大切にしている5年2組の子ども達に、これからもずっと覚えておいてほしい大切な言葉です。

「医学部大学病院の教授のお仕事」 6年1組

 松井 聖先生(10回 兵庫医科大学内科学 リウマチ・膠原病科 教授)
IMG_0396.JPG松井 聖先生
 医師という仕事の全体像を丁寧に子ども達にお話ししてくださいました。医師になるためにはどんな勉強を何年関するのか、医師になったらどんな研修を受けるのか、内科と外科の違いやどんな分野があるのかなどを〇×クイズを取り入れながら楽しくわかりやすく教えていただきました。これまで漠然としか理解していなかったお医者さんに世界のことがよくわかる2時間の授業でした。子ども達は、お医者さんになるにはとても勉強しないといけないし、なってからも研修を積んでいかないといけないということを知り、大切な仕事だと理解しました。

「総合商社のお仕事~世界に羽ばたく日本の商社~」 6年2組

的場 佳子先生(15回 伊藤忠商事株式会社 開発調査部 部長代行)
IMG_0367.JPG的場 佳子先生
 「商事会社って何をするの」お話を聞く前の子ども達はそんなことを心の中で思っていたことでしょう。しかし実際に授業が始まると、あるわあるわ自分たちの知っている企業名。洋服、食品、自動車、石油はたまた保険まで、ありとあらゆるものを扱っていると知り、みんなびっくりでした。貿易については5年生の社会科で学んでいたので、外国とのやり取りすることについて、ピンときた子ども達も多かったようです。最後はお店からバナナの発注を受けたという設定で、為替レートをもとに費用を計算し、見積書を作成しました。「商事会社ってすごいな!」が子ども達にの終わった時の感想です。

文章は仁川学院小学校HP(http://www.nigawa.ac.jp/elementary/topics/?p=10560より引用させていただきました。


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|

次のページへLinkIcon